スポンサーサイト

Posted by steampump on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横丁のJr.のこと

Posted by steampump on   0 comments   0 trackback



Jr.は昔、猫マンションの向いにあるとても立派なビルと少し立派なビルの間にある隙間で暮らしていた。

Jr.はその隙間で誰かに作ってもらった発泡スチロールの箱にコンビニで売っている透明なビニール傘をさしかけてもらった家に住んでいた。

一日のほとんどをその隙間から縦横に繋がる隙間で暮らしていたらしい。

通りがかりの人が気まぐれに与えるネコ缶やビルの隙間に住んでいるネズミなんかがJr.の食事だったようだ。

Jr.は元々横丁の猫マンション一家の一員だったけど、なぜか一人暮らしをはじめ、夏の間この隙間で暮らしていた。

でも、本格的に雪が積もり始め、道行く人もコートのポケットに両手をしまい始め、なかなか気まぐれのネコ缶にありつけなくなって、ある冬の日に猫マンションに戻ってきた。

猫マンションにはJr.に良く似たサバ白のオス猫が住んでいてそのサバ白のオス猫と区別を付けるために名前はJr.になった。

思えば乱暴な命名だったけどその愛くるしい寄り目の顔を見るとJr.も満更でもないかな。

で、Jr.は猫マンションの一員に返り咲いたけどデモドリの次男坊に世間は甘くなくって、最初の頃、無遠慮にお尻のにおいを嗅ぐJr.に姉さんは随分怒っていたようだ。

そんな事を何度か繰り返してJr.もマンションのマナーを覚えたのか、今は下の兄弟のよき兄貴分として仲良く暮らしている。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://steampumpghq.blog.fc2.com/tb.php/4-4ac5c5c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。